スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    小島聡、西城戸誠「フィールドから考える地域環境」を読んで、凡景を支える無形の部分を魅力化するには多様なアプローチがあっていいと思った



    法政大学人間環境学部の教授陣が書いた本。編者の小島先生にお世話になって大学院で非常勤で教えている関係で、人間環境学部には興味があった。この学部は1999年にでき、文系の立場から「持続可能な社会」を探求しているとのこと。

    2部構成で、1部は「地域環境」を捉える多様な視角を提示。1章は行政学・地方自治論、2章は市民活動、3章は労働組合、4章は学校教育、5章は文化的景観、6章はドイツ近代史、7章は近世の生業、8章はカメルーンのフィールドワーク。非常に学際的で、多角的であることはわかったが、人間環境学部が逆にわからなくなった。

    この中で、梶裕史先生の「“文化的景観”の特質と可能性」が面白かった。文化的景観についてのユネスコの定義「有機的に進化してきた景観」という概念がいい。

    また、日本の重要文化的景観は文化財保護法の改定により位置づけられたが、「景観法という共管法に基づく手続きが必要」と書かれていて、“共管法”という言葉を初めて知った。

    さらに「文化的景観の多くは“凡景”」という表現も面白い。これは「一昔前はどこにでもあった、ありふれた田舎景観」であり、「何が魅力かといえば、見た目を支える無形の部分」と書かれていて、今までモヤモヤしていたことが言語化されていた。

    フェノロジーカレンダーという概念も初めて知った。フェノロジー=生物季節のことだそうで、日本語で言えば歳時記だが、それを文化的景観におけるエコツーリズムに活かしていくべきとの考え方。最近、江戸川総合人生大学の学生さんが歳時記を研究テーマにしていたが、景観と歳時記のつながりはもっと重視すべきことだと思う。

    2部は「地域環境のフィールドスタディ」で、人間環境学部が取り組んでいる事例など。

    例えば、法政大学の地元である千代田区と協定を締結して、個人の環境配慮行動を促進するために調査し、プログラムを提案、それを実践している。

    また、長野県飯山市では、2006年にサマーカレッジを開催し、それを数年かけてまちなか再生としてのファーマーズマーケットやコミュニティカフェに展開していったことが書かれていた。

    都市計画の研究室だと地域でのフィールドワークは「提案や計画がありき」だと思うが、人間環境学部だと「提案や計画があってもいいし、なくてもいい」というスタンスかもしれないが、その差はあまりないと思った。調査方法は違うだろうけど。

    で、差がないことがいいことか、よくないのか。凡景を支える無形の部分を魅力化するには多様なアプローチがあってもいいんじゃないかと思った。

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ケノーベルからリンクのご案内(2013/06/18 08:44)

    千代田区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

    ケノーベルからリンクのご案内(2013/06/18 09:17)

    飯山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

    コメントの投稿

    Secret

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです
    プロフィール

    ksatani

    Author:ksatani
    佐谷和江と申します。都市計画・まちづくりの仕事をしてます。
    http://www.kgk-net.co.jp/staff/satani.html
    satani(@)kgk-net.co.jp

    まち活動のブログも書いています。
    http://ksatani.cocolog-nifty.com/blog/

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。